教えて!ヒアルロン酸の選び方

ご存知ですか?ヒアルロン酸のさまざまな種類

乾燥は美容の大敵です。肌の水分量が減るとはりを失ってしわやたるみに繋がり、またバリア機能が低下して肌荒れも招いてしまいます。乾燥を何とかしたいという時有効なのが、ヒアルロン酸の活用です。ヒアルロン酸は1gで6リットルの水を蓄えられると言われるほど優れた保水力がある成分。肌の真皮層内で潤いを保持して、肌に弾力を与えてくれます。もともと身体に存在しているのですが、残念ながら加齢に伴って自然と減ってしまいますので、体外から効率的に摂取する必要があります。
ヒアルロン酸配合の化粧水やサプリ、ドリンクなどはたくさん販売されています。どれも一緒じゃないのかと思うかもしれませんね。しかし実は、ヒアルロン酸には天然抽出のもと人工製造のものとがあり、また分子の大きさが異なるなど、いろいろな種類があります。
その違いを説明していきましょう。

選ぶなら天然・低分子のヒアルロン酸!

これまでヒアルロン酸は主に鶏のとさかから抽出されていました。鶏の軟骨や手羽、ふかひれなどにも存在しています。しかし動物からとれる量はごくわずか。そこで現在では、安価で大量に製造できるバイオ製法で人工的に作られることが多くなりました。バイオ製法にもいくつか種類がありますが、中にはストレプトコッカス(溶結製連鎖球菌)を用いるものもあります。菌を使うの?と思ってしまいますよね。もちろん、安全性は保証されていると言われていますが、肌に塗ったり飲んだりするものですので天然のヒアルロン酸を選ぶほうが安心できるでしょう。
なお、ヒアルロン酸は分子が大きいので、そのままでは吸収率はよくありません。そこで最近では、吸収率を高めるためにナノレベルに極小化されたものが使われるようになりました。ナノ化ヒアルロン酸もしくは低分子ヒアルロン酸と呼ばれています。効果を得たいなら、低分子ヒアルロン酸を選ぶのがおすすめです。