やっぱり気になる!効果の持続性と料金事情

プチ整形で人気のヒアルロン酸

メスを使用せず手軽にできるプチ整形で人気があるのが、ヒアルロン酸です。シワを改善したい、鼻を高くしたい、涙袋を作りたいなどヒアルロン酸を注射で注入することによって、それらをすぐに実現することができます。くぼみにヒアルロン酸を注入することによって皮膚を隆起させることができるのです。このような即効性が得られることに加えて、安全性も高いのが特徴です。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分であり、コラーゲン組織や肌の水分保持などの役割があるものです。外からヒアルロン酸を注入しても違和感はなく、体内にあるヒアルロン酸と融合して皮膚にふくらみを持たせることができます。手軽で即効性があり、安全性が高いということでヒアルロン酸注射によるプチ整形は人気となっています。

デメリットは持続性の低さ

ただヒアルロン酸は万能ではなく、持続性が低いところがデメリットとなっています。体内にある成分であるため安全性が高いものの、注入直後から体内に徐々に吸収されていってしまうのです。そのため効果は永久的ではなく、一定の期間で元の状態に戻ってしまいます。使用するヒアルロン酸の種類や注入量にもよりますが、シワに注入した場合の持続効果は数か月から半年程度といわれています。ですから、ずっとその効果を維持したい場合は、効果が薄れてきたころに再び施術を受ける必要があります。そうすることで持続効果を少しずつ長くしていくことができますが、費用がそのたびにかかることになります。浅めのほうれい線の場合は4~6万円が相場となっていますが、技術料などが加算され費用相場はクリニックによって幅があることも知っておきましょう。